加熱などでビタミンCが壊れる

煎茶や玉露などの緑茶は最近話題のカテキンをたくさん含んでいます。

カテキンは、加熱などでビタミンCが壊れることを防ぎ、ビタミンCの作用を補完する役割をしています。

メラニン色素の増加を防ぎ、美白するためにはビタミンCをしっかり摂取したいので、緑茶からビタミンCとカテキンを摂っていくことで、表皮にメラニン色素が残り、シミができることを抑制する効果があります。

肌が薄いタイプの人は、そうでない人よりシワが多くなるということは、意外に知られていないかもしれません。

シワができやすい自覚のある人は肌を見るとある程度わかりますから、少し確認してみましょう。

肌から血管が青く透けて見えているなら、大体薄い方だと考えてよいでしょう。

皮膚が薄いことと、シワのできやすさがどう関係するかというとその薄さで、物理的に水分を蓄えておけません。

それで、肌のハリが失われ、結果シワが目立つことになります。

そして年々、肌は薄くなっていくそうなので、いつも肌の様子を気にかけておきましょう。

適量のお酒は血行を良くしてくれるので、お肌の血行も良くなります。

酒粕のパックはよく知られていて、くすみを消すのに良いそうです。

酒粕を細かくしてボウルなどに入れ、柔らかくするために少量の水を加え、すりつぶして固まりが残らないようにします。

小麦粉を適度な固さになるまで混ぜて、なめらかにして、酒粕パックの完成です。

もちろん、お酒の匂いに弱い方には勧められない方法です。

ビタミンCの美白効果をねらって、レモンを輪切りにして顔にのせ、レモンパックをすることが流行ったこともありましたが、これはお肌に悪影響を与えます。

もう誰も使っていません。

レモン果皮の成分を直接肌につけると、紫外線が当たったとき皮膚にダメージを与えます。

シミに有効な作用をレモンのビタミンCで期待するなら、日々の食事の中に取り入れるようにしましょう。

毎日2リットルの水分補給は全身の代謝を活発にすると考えられています。

お肌のことを考えても、水を飲むことは大事です。

体内の水分が十分でないと、お肌の血行も悪くなります。

老廃物や有害物質がお肌にたまって、くすみが目立つ原因となります。

さらに、肌の乾燥を引き起こし、くすみも小じわもほうれい線も目立ってしまいます。

日頃から意識して水分を摂るようにしましょう。

みかんなどの柑橘類はビタミンがとても豊富で、シミやソバカスのないお肌を作るためには、大事な役割を果たしてくれます。

ただ、食べ方には注意しましょう。

朝食でみかんを食べてから紫外線を浴びると、柑橘類に多く含まれるソラレンという成分が光や紫外線を敏感に受け止める働きをして、お肌のためには逆効果になってしまいます。

きれいなお肌をつくるために、紫外線を浴びない夜に食べた方がいいですね。

35歳ともなると、服などで隠せない顔や手の部分にシミがあっちにも、こっちにも出てきてしまいました。

元凶はあれしか考えられません。

天候にかかわらず、降り注いでいる紫外線です。

出産後、歩けるようになった子供と、雨降りの日以外は毎日仲良く公園で遊んでいました。

二人分の支度は意外と手間がかかるものです。

そのため、自分の方はとりあえず帽子だけかぶって見切り発車することが多くなってしまうのです。

後で必ずつけが回ってきます。

若くても日焼け対策はしっかりするように心がけます。

肌のシミと聞くと、真っ先に紫外線の影響が考えられますが、ホルモンバランスの乱れもまたシミに大きく影響しているということをご存じでしょうか。

その具体例として挙げられるのは、最近になってテレビなどでご存知の方も多い「肝斑」なのです。

この肝斑はホルモンバランスの乱れによってできるシミの代表であり、妊娠中、それに、出産後の発症が比較的多いということが特徴です。

また、肝斑をできやすくするもう一つの原因はピルの服用であり、原因が紫外線のシミと比較して完治する可能性が低いでしょう。

適度に日焼けした小麦色の肌は、健康的で明るく若々しさを演出してくれますが、あまり日焼けすると、シミの原因にもなるという悩ましい一面があります。

今よりシミが増えたら困るのなら、できるだけ肌を焼かないように気をつけましょう。

顔にシミが出来ないようにするコツは、日焼け止めを丁寧に塗布すること、また、おうちに帰ったらすぐさま日焼けの後用のローションなどを使って炎症を軽減させる事が重要です。

肌のくすみは、紫外線やターンオーバー周期の乱れによって引き起こされるといったデータもあります。

お肌の不調を本来の調子に戻してくれるものに一時期ブームとなったアロマオイルも選択肢の一つです。

特に、新陳代謝を高め、ターンオーバーを促してくれるネロリや、血行をよくしてくれるゼラニウムは、くすみに最適です。

もちろん、マッサージに使うのもよいですし、ホワイピュアはキミエホワイトとどう違う?のか数滴をスチームの容器にたらしてみて使ってみるのもよいかもしれません。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク