人生初の筋トレ

出産を終えて、増えてしまった余分な脂肪を何とかするために、ダイエットと同時に人生初の筋トレをしました。

100%母乳で子育てをしていたので、無理なダイエットなどはできませんでしたが、適度な筋トレは続けられました。

おかげさまで約半年でお腹周りの脂肪が減って元に戻って喜んでいます。

私のダイエットは、過去に色々な方法で挑戦してきました。

現在も時々やっているのが、プチ断食というダイエット方法です。

このダイエットをやる時は、その日の予定がない日に、水以外は他に食べないようにします。

その翌朝は、胃にやさしい食事を取って、その後の食事は普通に食べる生活をするのです。

月に1回程度なら胃のリスタートにもなって体も良い感じになりますよ。

ダイエットで人気の高い有酸素運動ですが、もっとも効果のある心拍数を自分自身で把握することで、効率よくエネルギーを消費することで、脂肪の燃焼を向上させることが可能となります。

もっとも、長時間継続して体を動かすほど痩せられるということではなくて、過度な運動だけでは筋肉に酸素が行き届かないために、逆効果になりがちです。

ちょっと前に炭水化物を減らすやり方でダイエットした経験があります。

たくさん噛むことで、充分に食べた感を満たそうとしたけれど、結構きつかったです。

日本人ですので、時には、お腹いっぱい白いごはんを食べたい欲求が強くなります。

なので、現在は夜は炭水化物の飲食を控えてますが、朝食と昼食はごく普通に食べることにしています。

ダイエットしている間、どうしても甘い物への欲求を抑えきれなくなった場合、飲食する物は、若い頃から寒天です。

なぜなら、寒天はカロリーを気にすることなく色々な味付けにできるので、飽きることがありませんよね。

とりわけ、缶詰みかん入りの牛乳寒天とサイコロ状に切った味付けしていない寒天に、きなこをたっぷりかけた上から黒蜜をちょっぴりたらしたものが大好物です。

痩せるために必要なことは、まずは無理をし過ぎないことです。

食事を抜くダイエットは確実に痩せるのですが、体にとっては悪影響もでてきます。

なぜなら、私の場合は生理が止まってしまったからです。

このときは、産婦人科で薬をもらい治療しました。

そのため、最初から無理をしすぎると続けたくとも続けられないというのが私の自論です。

常日頃から、歩くときにお尻に力を入れて、多少大またで歩くだけでも意外と効果が違うものです。

ダイエットした痩せようと思っても、毎日ジョギングやマラソンしたりするのは、ちょっと面倒な気持ちがしますよね。

そこで私が一押ししたいのが、インドアでもやれる有酸素運動です。

ラジオ体操もバカにできない有酸素運動なので、普段着で構いませんから、しっかり体を動かしながら体操をすると、しっかりとカロリーも消費されます。

ダイエットをずっと継続していると、いつの間にかカロリー計算なしでも、大まかですが、摂取カロリーが計算できるようになります。

マルチポリフェノールの口コミでは、肉に米、野菜をこのくらい摂取したら、今日のランチはこれぐらいのカロリーを摂ったという具合にわかるのです。

私も以前は太っていた時代があるので、諦めなければならないのですが、あの時期を思うとちょっぴり切なくなります。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク