肌に負担をかけてしまう

困ってしまうことに、肌にできてしまったシミは、それだけで見た目年齢をグッとあげてしまうのです。

そんなシミのメカニズムを探ってみると、肌の細胞内に生成されたメラニンという色素がはがれずに肌に残ってしまったものです。

ターンオーバーの促進で少しはシミを目立たなくすることが可能となりますが、ピーリングによって古い角質を落とせば、さらに効果がアップします。

ただ、過度なピーリングは肌に負担をかけてしまうでしょう。

健康的で充分な水分を含んだ肌のキメは、細かくて美しいものです。

この「キメ」とは、肌の表面上を網羅する細い線である皮溝と、皮溝が囲む、皮丘という盛り上がり部分から成る模様のことを言います。

キメの整っている肌の表面では皮溝に囲まれた皮丘に水分が含まれ、形も均等によく揃っているものです。

ところが、皮膚組織のうち、一番表面の位置にある表皮が乾燥しきった挙げ句に荒れてしまうと、皮丘は形を保てず、整然としたキメの並びは壊されます。

表皮が荒れて、バリアとしての機能がうまく働かないでいると、表皮が守るべき真皮も、ほどなく損傷を受けることになるのです。

皮膚の土台としての真皮が弱ると、支えを失った肌がシワになり、たるみを作ることになります。

お肌にとって、摩擦刺激があまり好ましくないというのはよく分かっているつもりなのですが、それなのに、ついつい力いっぱいメイク落としをしてみたり、顔を洗ってみたり、保湿剤やクリームをこれでもかと塗りたくってしまいがちです。

メイクオフする際には、お化粧汚れとクレンジング剤を丁寧に溶け合わせるようにし、爪を立てずに指の腹で、優しくオフすればOKです。

兎にも角にも、無駄な力は入れないようにし、刺激を与えないよう、ソフトに指の腹で丸をくるくると描くようにする、以上がスキンケアの理想形ですが、実際は、うっかり力を入れてケアしています。

石鹸や洗顔フォームに重曹を加えて顔を洗うと、お肌の汚れがとれて、シミが薄くなったと口コミで話題のようですが、お肌が傷ついてしまう懸念もあります。

精製のレベルによって重曹は、掃除に使われるものもあれば、食品用や薬品用もあります。

食用の重曹でも顔を洗うには粒子が荒いため、あまり力を入れて洗わないようにしましょう。

洗顔後は化粧水などでお肌をケアし、充分な保湿を心掛けることが大切です。

ビタミンCの美白効果をねらって、レモンを輪切りにして顔にのせ、しばらくおいてパックをすることが話題となりましたが、かえってシミの原因を増やしてしまうので、今は誰も勧めていません。

レモンオイルには光毒性があり、肌につけると、紫外線の刺激に敏感に反応する作用があるのです。

シミをできにくくする効果をレモンのビタミンCで期待するなら、食べたり飲んだりした方が賢明です。

一日最低2リットルの水を飲むことが健康に役立ちます。

もちろん、お肌にも水分補給は必要です。

体内の水分が十分でないと、お肌の血行も悪くなります。

老廃物が排出されないため、くすみが目立つ原因となります。

また、肌の奥から乾燥して、くすみだけでなくシワやほうれい線も増加していくのです。

ぜひ、水分を欠かさない生活習慣を保ってください。

皮膚にシワができる原因というのは色々あるのですが、最も大きな原因とされているのが乾燥なのです。

水分不足で、肌が乾燥してしまうことで、皮膚にシワが刻まれていくことになるのです。

例えば目じりですが、ここは皮脂の分泌が少ない部分となっており他よりも乾燥に影響されやすいパーツであり、それで、この部分にいち早く小ジワが出現するという訳です。

それからこれも加齢に伴う自然現象ですが、皮膚の張りを保っているコラーゲン、ヒアルロン酸、これらは減少の一途をたどるばかりですから、これもシワ、そしてたるみが起こる大きな原因です。

スキンケアは念入りに行う方なのですが、その最中にちょっとした発見がありました。

肌が柔らかい状態でいる場合しわもなかなかできにくいのではないでしょうか。

年々深まる目の周りのじわやほうれい線がどうしようもないと思いつつ、悩みの種だったのですが、ちょっと前から炭酸パックを試していて、なんとなくですが、肌の柔らかさを感じられるようになったあたりからしわは、それほど目立たない感じになってきたようでした。

何が原因でこうなったのか、きちんと知っておきたいところですが、トワエッセの美容液で、とにかく結果オーライというところでしょうか。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク