化粧をすると肌荒れが悪化してしまう

私は花粉症ですが、スギ花粉が多い時節になると肌が敏感になって、肌が荒れてきます。

ですから、その時節に化粧をすると肌荒れがより悪化してしまうので、ナチュラルメイクを行っています。

アイメイクくらいはしたほウガイいかとも思いますが、敏感な肌になっているため、目のかゆみが余計にひどくなり、絶対にできないのです。

完璧な化粧も悪くないのですが、最終的に大切なのは、そもそもが美しい肌だと感じます。

頻繁にきっちりとしたスキンケアを行い、肌本来の美しさを覚醒指せ、いつかはノーメイクでも人前に出られるほどの自信を持てることを望んでいます。

なお、紫外線はシワを創る原因になるので、外出の際は日焼け止め対策のクリームを塗ったり、日傘を指してガードするなど紫外線対策を十分に行いましょう。

また、多くの紫外線を浴びてしまった場合には、ビタミンCの入った美容液を用いるなどしてスキンケアをおこなうようにしてください。

毎日きっちりとスキンケアをおこなうことで、シワをきっちりと予防することができます。

肌荒れの中でも、男女や年齢などに関わらず悩む人が多いトラブルは、ニキビなどの吹き出物なのではないでしょうか。

ニキビとひとまとめにしても何個かの種類があって、その原因もたくさんあるでしょう。

ちゃんと自分のニキビの原因をしり、正しく治療して貰うことが、美しい肌へと変化指せる第一歩となるのです。

特に摩擦による刺激は、お肌にとって大敵だと言ったことは充分わかっているつもりです。

それなのに、ついつい力いっぱいメイク落としをしてみたり、顔を洗ってみたり、仕上げのクリームをこれもまたぐいぐい塗ってしまったりします。

これだと、せっかくのルアンルアン生せっけんも効果なしです。

なので、クレンジングの際は、お肌の負担にならないよう、あまり力を入れないようにしましょう。

そして、メイクと溶け合わせるようにして、指の腹を使って優しく優しくを心がけるのがよいのだそうです。

何にしても力を加減することが大切で、無駄な摩擦を避け、優しく小さな円を描くようなやり方がスキンケアの理想形です。

ですが実際は、気づくとぐいぐいと強めに洗ってしまったりしがちですね。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク