最近の就活生の呆れた現状

2017年現在の大学生の就職率は、年々上昇しているそうですね。

それに、比較的に内定を頂きやすい時期になってきているのが現状だそうです。

最近では、高校生の就職率も上昇中だとか・・・

私たちの時代はリーマンショックの後で、就職氷河期と言われて落ちるのが当たり前でした。

中には、100~300社以上のエントリーシートを送った人も、山ほどいた時代でしたね。

そんな中、内定がなかなか決まらず、だけど就職活動にはお金もかかります。

学校に行ってバイトして、エントリーシート書いて調整して、就活して夜中に寝る時間を削って、エントリーシートをひたすら書いてた覚えもありました。

しかし、今の子たちはどうやら考え方が違うらしいのです。

私の職場では、学生が「就活するのでバイト1~2か月お休みください。」「はい??就活って日中だよね?なんで夕方からのバイトを休む必要があるの?」

ならせめて「金・土・日は企業も休みでしょ?」といったら、「友人たちとSPIの勉強しないといけないので出れません」と言われてしまいました。

「待って・・・SPIって、大学受験してるんだから一般企業でそんな難しくないよね?毎日コツコツやればできるよね?」

「なんでバイトの4時間ができないの?終わってからESかけばいいんじゃないの?」となげかけました。

すると、「生活リズムを乱したくないんで、バイトの時間をES書く時間にまわしたいんです」だそうです。

「はあ?そんなに休まれたらシフトまわらないよね?新しい子雇わないよね?いつ復活するかもわからないんだから」というのが心の声です。

正直「終わりましたのでまたシフト入れて下さい。」いわれても、君たちが復活する頃にはNEWメンバーができるようになってるから、入れる日数なか週1くらいだよ?

もっと入れて下さいと言われても、今までいなかったんだから正直使えない、というのが現実ですよね。

そんな状況ならバイト止めたらいいのに、暇な時に短期や日雇いバイトしたらどう?と、めちゃくちゃ叱りたい気分です。

だから社会人になると「このゆとりが!!」と言われたりするんですよ。

「何か間違ってる?」って、学生さんに心が叫びたがっているのを必死に抑えている状況です。

それにしても、近頃の若い女性はバストアップ感がすごいですし、それを強調したような服を職場でも平気で着て来ますね。

私も思わず、何なのそのバストは?って言いたくなりますが、それがラシュシュナノプラス効果なのかも知れませんね。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク